山陽木材株式会社

木材事業

当社は遠く昭和30年代に「木材は山からではなく、海からやってくるもの」という革新的なコンセプトを掲げ、高度経済成長による爆発的な木材需要の高まりと外材輸入の自由化の波を捉え、輸入事業を積極的に展開することで業容を拡大し、経営基盤の確立に努めてまいりました。

以後、原木(伐採した状態の木材)輸入・木材製品・住宅関連資材と戦略的に取扱プロダクトを充実させることで一層の事業拡大を図り、木材産業の発展に貢献しています。

木材輸入部門

木材輸入部門イメージ写真

原木部門は、需給状況を予測する独自のトレーディング手法並びに木材売買に関する国内外の多様なネットワーク等を駆使しながら、北米産の高品質な針葉樹を中心に厳選された原木を世界各国から輸入しています。これらは可能な限りお客様のニーズに応えるため、長い年月をかけて構築された競争優位の源泉です。

また製品部門は国産製材品、輸入製材品に至る様々な木材関連製品の仕入、販売を手掛けており、機動的な調達力と効率的なロジスティクスでお客様の営業活動を強力にサポートしています。

主な取扱樹種
米松・米ツガ・米杉・南洋材等
主な取扱製品
純国産及び欧州、ロシア産建築用材・土木用材・梱包用材

住宅関連資材部門

住宅関連資材部門は古くからエネルギーの省力化がもたらす地球環境への多大な効果に着目し木造住宅における断熱材の取り扱いを開始、昨今では専門技術者による責任施工で数多くの実績を積み重ねてまいりました。

素材性能の高さは施工方法によって最大限生かされるといっても過言ではなく、当社は定期的な社内研修を通じて技能向上に努めており、これからもプロフェッショナル集団として卓越した技術サービスの提供に尽力してまいります。

主な業務内容
環境に優しい断熱材「セルロースファイバー」を用いた断熱・防音工法「デコスドライ工法」による建物の施工(技術者ブログ
新建材・住宅部材の仕入・販売